屋上の防水方法|ポタポタ滴るストレスを解消|早めの雨漏り修理で家を安全に

ポタポタ滴るストレスを解消|早めの雨漏り修理で家を安全に

屋上の防水方法

メンズ

通常、屋根は切妻屋根のように斜面がある作りとなっています。その理由は、雨水を溜めないためです。屋根に傾斜があることによって雨水は流れ、雨漏りのリスクをなくすことが出来るからです。しかし、屋根が屋上になっている場合、雨漏りのリスクは上がってしまいます。よって、屋上は通常の屋根よりも雨漏り対策をしなければなりません。
屋上の雨漏り対策で最も手軽にでき、ポピュラーなのが防水シートを敷いて雨からガードすることです。水を弾き、雨樋に雨水を誘導し、排除する。そのためには防水シートが最も適しています。メリットとしては手軽に行うことが出来る上にコストが非常に安いということです。しかし、防水シートは基本的にそこまで寿命は長くない上に、風などでめくれたり飛ばされるリスクもあるのでそこまで良いとはいえません。
より万全に雨漏り対策をしたいのであれば業者に依頼をして防水加工を行ってもらうことになります。防水加工とは、屋上や外壁にさらに防水層を作って雨漏りなどを防ぐ加工方法です。この防水加工は非常に効果があり、特にアスファルトを用いた防水加工は信頼性が高く、効果も20年ほど持続します。もし、家に屋上があり、ベランダとして使っているのでしたら防水対策はきちんとしておきましょう。屋上に防水シートをしくだけでも家がより長持ちし、雨漏りのリスクを必要最小限におさえることができ、リフォームや水漏れ修理にかかる手間を必要最小限に減らすことが出来るからです。